ボディーメイク

グルタミンで免疫力アップ!風邪予防と疲労におすすめのサプリメント!

更新日:

グルタミンは、私たちの身体でつくりだされる非必須アミノ酸で、筋肉や血液中に最も多い遊離アミノ酸です。

体内で合成されるため必須アミノ酸でもないのに場面によっては補うことが推奨され、また実際にサプリメントで補っている人が多いのではないでしょうか。

 

季節の変わり目にひいてしまう風邪や毎年なにかと話題のインフルエンザにかかってしまう原因の一つに免疫力の低下があります。

私たちの身体の免疫力が低下する原因には、不規則な生活や睡眠不足などの生活習慣の乱れ、偏った食事やストレスなど様々ですが、そのなかには「加齢」による影響と「激しい運動」も含まれています。

 

グルタミンの主な役割や効果は

・血液中での窒素の運搬

・身体の傷の修復

・筋肉の分解を抑える

・成長ホルモンの分泌を促す

・消化機能を補う

・免疫力を高める

あなたが私と同じ40歳以上の年齢で、筋トレに励んでいるならグルタミンの効果は、若いときよりも感じやすいかもしれません。グルタミンの効果や役割についてご紹介します。

 

 

 

グルタミンの働き

グルタミンは筋肉や血液中など、遊離アミノ酸の約60%を占め体中で最も多いアミノ酸です。

その主な働きは、身体の中でアミノ酸やDNAの材料となる「窒素」の運搬です。

大量の窒素を体中に運搬する必要があるので身体に最も多く存在すアミノ酸となっているのです。

しかし、身体の中で合成可能で、大量に筋肉や血液中にストックされているので、わざわざサプリメントで補う必要は無いように感じますよね。

健康な身体の状態では、十分足りていたグルタミンも、病気や怪我、寝たきりの状態のときや激しい運動の後などに疲労やストレスが蓄積している場合などは、いつも以上に大量に消費されています。

それは、激しいトレーニングや筋トレ後も同じで、いつも以上に大量に消費された体内のグルタミンが足りなくなると、筋肉をアミノ酸に分解してグルタミンを補おうとします。

せっかく、筋肉増強しようと激しいトレーニングや筋トレをおこなっているのに、それが原因で筋分解されてしまっては意味がありませんよね。

 

このような理由から病気や怪我、激しい筋トレの後や疲労が蓄積しているときは、大量に消費されたグルタミンをサプリメントで素早く補う必要があるのです。

また、グルタミンは他にも「腸管粘膜細胞」や免疫細胞の「リンパ球」の主なエネルギー源になっています。

 

グルタミンの効果

グルタミンの主な効果は

・身体の傷の修復

・筋肉の分解を抑える

・成長ホルモンの分泌を促す

・消化機能を補う

・免疫力を高める

などがあります。

このグルタミンの効果のなかで、筋トレなどの激しいトレーニングを行っている方たちが最も期待しているところは、成長ホルモンの分泌を促し筋肉の修復や疲労を補うことと、消化機能を補い、免疫力を高めるところではないでしょうか。

それは、私たちの身体の免疫力が低下する原因に、「ストレス」による影響や「激しい運動」も含まれていて、筋トレなどのハードなトレーニングを行っていると、風邪をひきやすかったり、体調を崩しやすいなど、免疫力が低下することを身を持って経験しているからだと思います。

風邪予防、インフルエンザ予防に「腸管粘膜細胞」や免疫細胞の「リンパ球」の主なエネルギー源になっているグルタミンの効果をいちばん感じているのではないでしょうか。

実際トレーニン後は、ストレスホルモンのコルチゾールの分泌や身体のpH(ペーハー)が、アルカリ性から酸性に傾くなどの理由で3時間後をピークに約72時間後までは、免疫力が低下すると考えられています。

 

また、免疫力は、「加齢」や「偏った食事」によっても低下していきます。

免疫細胞「白血球」の主なエネルギー源である「グルタミン」を十分に摂取していれば、リンパ球が増殖しやすくなって免疫力は高まり、風邪を引きにくく、怪我や筋繊維の早期回復にも期待がもてます。

中高年で激しい運動やハードな筋トレをおこなっているかたや食事制限でのダイエットをしている方などは、風邪予防、インフルエンザ予防のためにもグルタミンを補って、体調管理したほうが良いかもしれません。

 

グルタミンの摂取方法は

グルタミンの摂取方法は、

少量だと小腸のエネルギーとして消費されてしまうため、一般的に最低5g~10g程度の量を回復を促すためにグルタミンが大量に消費されたトレーニング直後のタイミングに、成長ホルモンの分泌を促すために就寝前、風邪予防やインフルエンザ予防のために起床直後などのタイミングに摂取する方が多いようです。

グルタミンは安全性が高く副作用の心配はないようですが、1日の摂取量は問題ないと確認されている40g程度までを目安にしたほうが良いようです。

 

グルタミンおすすめサプリ

 

 

 

 

 iHerb(アイハーブ)

グルタミン

Optimum Nutrition, グルタミンパウダー, 味付けなし, 2.2ポンド(1 kg)

 

グルタミン

Now Foods, スポーツ, L-グルタミンパウダー, 35.3オンス (1 kg)

 

グルタミン

California Gold Nutrition, L-グルタミン、AjiPure、ピュアパウダー、グルテンフリー、16オンス (454 g)

 

まとめ

グルタミンの主な働きや効果は、

・身体の中でアミノ酸やDNAの材料となる「窒素」の運搬

・身体の傷の修復

・筋肉の分解を抑える

・成長ホルモンの分泌を促す

・消化機能を補う

・免疫力を高める

などで、身体に最も多く存在すアミノ酸となっているのでが、病気や怪我、寝たきりの状態のときや激しい運動の後などに疲労やストレスが蓄積している場合などは、いつも以上に大量に消費されています。

あなたが中高年で激しい運動やハードな筋トレをおこなっていたり食事制限でのダイエットをしているのであれば、風邪予防、インフルエンザ予防のためにもグルタミンを補って、しっかり体調管理したほうが良いかもしれません。

 

 

Zinc
亜鉛は薄毛や男性機能のほかにも筋トレにも効果も抜群!男の頼もしい味方

男性ホルモン、テストステロンみなぎる男でいたい!私たち40オーバーだけでなく男性なら皆、そう願うのではないでしょうか? いくら年齢を重ねたとしても、いつまでも筋力と精力、男としての自信と魅力は失いたく ...

 

 

-ボディーメイク

Copyright© Rev four , 2018 All Rights Reserved.