口臭・体臭

強烈な口臭はウォーキングで解消!そのクサイ臭いはあなた以外みんな知ってるかも

更新日:

ウォーキングで口臭解消

40代、50代以降のあなたが、これから特に気をつけないといけないのが「口臭」。

 

年齢を重ねた身体から発するキツイ「体臭」や「口臭」は、あなた以外、まわりのみんなは気づいてるかもしれません。

でも、あなたもそうだと思いますが「○○さん、ニオイますよ」なんて、思っててもななか言えないものです。

学生の頃や20代くらいの頃ならまだ、指摘される機会もあるかもしれませんが、40代、50代以降にもなると、相手への配慮からそういう場面はめったにないでしょう。

そして困ったことに30代以降から女性より、男性の方が口臭を気にしなくなることが、意識調査の結果から確認されているそうです。

夫婦間でも奥さんの口臭が気にならない夫と、夫の口臭がたまらなく気になる奥さんという図式になっていくということですね。

 

しかし、あなたがもしも

歯は念入りにみがいて、定期的に歯医者にも通って歯石もチェックしている。

口が乾かないように気をつけてちょこちょこ水も飲んでいる。

ニンニクやコーヒーなど臭いの原因になりそうな食べ物にも気をつけている。

食事の後には、歯磨きやマウスウォッシュで口の中をキレイにしている。

など、お口のエチケットに日頃から気をくばり、それなりに対策している。

それでも、なぜか臭う自分の口臭に困ってるなら・・・

 

あなたの口臭問題、ウォーキングで解決できるかもしれません。

心と身体の健康を意識して、ミドルからの生き方をスタイリッシュに見直したいあなたには

まさに一石二鳥の朗報です。

 

 

お口のエチケットは万全!でも臭うなら腸内口臭が原因 かも

口臭

口が臭くなる原因には、虫歯や歯周病による口内環境の悪化や、加齢やストレス、アルコールやカフェインなどによる唾液の減少で、口内に細菌が繁殖することが多いようです。

しかし、これらのことに問題がないはずなのに強烈に口が臭う場合は、「腸内口臭」が原因かもしれません。

 

腸内口臭の特徴を聞けば、ひょっとしてあなたにも心当たりがあるかもしれません。

それは、ウンチやクサイおならのような臭いと、とんでもない臭さが特徴なんです。

こんなに臭くても自分では気づきにくかったりするのが、口臭の困ったところです。

もちろん、周りのみなさんは強烈な口臭に気づかないハズありません。

では、このとんでもない迷惑レベルの臭い、「腸内口臭」は、なぜあなたの口から発せられるのでしょう?

 

「腸内口臭」の原因は?

腸内口臭

「腸内口臭」は、悪玉菌が増殖した腸内で発生したガスが、血液中に吸収された後、肺にまで到達して、口臭として吐き出される悪臭のことです。

胃腸の調子が悪く便秘ぎみな人は特に、排泄物質を溜め込んだ腸が発酵した「腸内発酵」が、悪臭を放つ原因になっています

腸の調子が悪いと、「腸内口臭」はキツくなり、うんこ臭さが強くなるため、狭い車内やエレベーターなど、逃げ場のない密室では、想像以上に強烈な臭いになっています。

 

「腸内口臭」を予防するには、腸内に善玉菌を増やして、腸内環境整え胃腸を健康にする必要があります。

 

腸の中はバランスが大切なお花畑?「腸内フローラ」

フローラ

腸の中には、重さ1.0~1.5Kg1000種類以上で、その数100 兆個といわれる無数の腸内細菌が存在していて、その様子が花畑(フローラ)のように見えることから、「腸内フローラや腸内細菌叢(ちょうないさいきんそう)と呼ばれています。

 

「腸内フローラ」には、ビフィズス菌や乳酸菌などの「善玉菌」と、大腸菌やブドウ球菌などの「悪玉菌」、「善玉菌」と「悪玉菌」のどちらでもない「日和見菌(ひよりみきん)」が、バランスを取って共生しています。

その割合は、健康な人で「善玉菌」20%、「悪玉菌」10%、残りの70%が「日和見菌」で、便の半分以上はこれらの細菌とその死骸です。

 

このバランスは「善玉菌」が増えると「悪玉菌」が減少していき、「悪玉菌」が増えると「善玉菌」が減少するためその総数は、ほとんど変わりません。

また、「善玉菌」、「悪玉菌」、「日和見菌」が、腸内で形成する集団のお花畑「腸内フローラ」のバランスは人それぞれで、年齢生活習慣ストレスなどでも変化しています。

 

そう、残念ながら私達の善玉菌」は、生活習慣ストレスなどでも変化していますが、

それ以前に加齢によって、どんどん減り続けています

 

このような善玉菌と悪玉菌の力関係が、「腸内口臭」やわたしたちの健康状態に大きく影響しています。

 

善玉菌と悪玉菌の力関係を握るのは乳酸菌

第二の脳

」は「」と神経伝達物質を通じてつながり、ストレスや不安を感じとるなど影響しあっているため、第2の脳といわれ、単なる消化器官としてだけではなく、身体の中で重要な役割を担う臓器として認識されています。

そのため、「腸内フローラ」のバランスを整えることは、「腸内口臭」の予防だけでなく健康維持のためにとても重要だと考えられています。

「腸内フローラ」のバランスを整えるには、悪玉菌の繁殖を抑え善玉菌を優勢にすることが必要です。

そして、この「腸内フローラ」で、善玉菌が増殖する手伝いをしてバランスを整えてくれるのは、ヨーグルトやチーズ、漬け物などの発酵食品に含まれ、腸に生息している「乳酸菌」や「ビフィズス菌です。

この他にも「腸内フローラ」のバランスを整えるために必要なことは

質の高い睡眠の確保

ストレスをため込まない

肉類などのたんぱく質を控える

植物繊維が多く消化の良い食事

など。

このように、腸内環境を悪化させる原因、生活習慣の乱れを改善する必要があります。

 

そして、この他にも積極的に運動して身体を動かすことで

「腸内フローラ」のバランスを整えて「腸内口臭」を改善することができます

 

肌荒れと睡眠の質
ミドル男性の肌荒れや大人ニキビの原因、睡眠と生活習慣の見直しは不可欠!

40代、50代と年齢を重ねた男性に多い肌トラブルが「肌荒れ」や「大人ニキビ」 「乾燥して荒れた肌がカサカサ、白い粉をふいてかゆい」 「ひげを剃った後の肌が赤くなってヒリヒリするようになった」 「ニキビ ...

 

「ウォーキング」で腸内フローラを整えて腸の免疫力をあげる

ウォーキング適度な運動で「腸内フローラ」のバランスを整えるために、「ウォーキングがオススメです。

ウォーキングで血行が良くなり、筋肉や皮膚と同時に腸の末梢血管が温まることで、善玉菌の数が増え、悪玉菌の数が減少していきます。

 

また、歩くことで腸と腰の間の筋肉が鍛えられ加齢によって弱まった便を押し出す力を強くしてお通じが良くなる効果があります。

このように「ウォーキング」は、便秘やストレス解消にもなり「腸内フローラ」のバランスを整え、腸の免疫力向上にも役立ちます

 

「ウォーキング」といっても続けることが大切ですから、最初からハードルを上げてストイックに攻める必要はありません。

効果的なウォーキング時間の目安でよく20前後が良いと言われていますが、最初から目指す必要はありませんし、効果的な必要時間も人それぞれだと考えられています。

ご近所の買い物や、通勤のひと駅分などをできれば少し速いペースで少しずつ歩いてみることです。

人の体は良くできているもので、最初は辛く感じても続けるうちにだんだん適応して、歩くことに慣れていきます。慣れたら少し歩く時間を増やしてみても良いでしょう。

 

「ウォーキング」は、このほかにも加齢による筋力低下や身体機能の低下認知症の予防になるといわれています。積極的にとりいれて損はないでしょう。

このような適度な運動のほかにも、質の高い睡眠の確保規則正しい生活を心がけ、ストレスを溜め込まないようにすることも大切です。

 

早い時期から積極的にウォーイングなどの軽い運動をとり入れておけば、太りにくい体質づくりや年齢を重ねても動く身体づくりが期待できます。

運動習慣もとにかく続けることが大切です。まずは無理せず少しづつ始めてみてはどうでしょう?

 

そして、毎日の食事で摂取することで善玉菌の増殖を手伝い「腸内フローラ」のバランスを整えてくれるのは、ヨーグルトやチーズ、漬け物などの発酵食品に含まれる「乳酸菌」や「ビフィズス菌」でしたね。

 

「腸内フローラ」のバランスを整えて「腸内口臭」を解消

ヨーグルト

善玉菌の割合を増やして悪玉菌を撃退するものといえば、真っ先に乳酸菌ビフィズス菌の入ったヨーグルトが思い浮かぶのではないでしょうか?

スーパーやコンビニに行けば、覚えられないくらい様々な種類のヨーグルトが棚人並び、そして新製品も常に入れ替わっています。

健康のために毎日食べている人も多いことでしょう。

 

ですが、ヨーグルトなどに入った乳酸菌やビフィズス菌は胃酸によって消滅してしまうため、ほとんどが腸にまで届かないこという事実はもう、広く知られていることではないでしょうか。

 

しかも、人は生まれてからわずか半年で決められた自分の腸内細菌以外の、乳酸菌やビフィズス菌などの細菌は腸内にとどまることができず、「通過菌」として排出されてしまいます。

こうなると、もともと自分の腸内にいる善玉菌を増やすしかありませんね。

 

そのためには、腸内で分解されると善玉菌である乳酸菌のエサとなる「食物繊維」を多く含む食材や、大豆ゴボウアスパラガスタマネギなど、オリゴ糖を多く含む食材を積極的に摂ることが大切です。

 

乳酸菌やオリゴ糖は食物繊維から「乳酸菌発酵エキス」を生み出す

乳酸菌やオリゴ糖は腸内で分解された食物繊維をエサにして、善玉菌を増加させる「短鎖脂肪酸」を主成分とした「乳酸菌発酵エキス」を生みだして「腸内フローラ」のバランスを整えています。

このように「短鎖脂肪酸」は、食物から摂取されるのではなく、ほとんどが腸内フローラでつくり出されています

 

「短鎖脂肪酸」の大部分は大腸で吸収され、身体のエネルギー源になっていますが、それ以外にも大腸内のpHを弱酸性にして悪玉菌の増殖を抑えて善玉菌を増やすことで腸内環境を整える働きも担っています。

しかもこの短鎖脂肪酸」は、胃酸や熱に全く影響を受けないため、サプリメントから簡単に摂ることができて「生きたまま」ダイレクトに体内に届けることができます

 

腸まで届く「短鎖脂肪酸」が主成分の「乳酸菌発酵エキス」

乳酸菌発酵エキス

「乳酸菌発酵エキス」の主成分「短鎖脂肪酸」の働きは、2015年にNHKスペシャルで報道されて注目を集めています。NHKスペシャル:http://www6.nhk.or.jp/special/detail/index.html?aid=20150222

 

胃酸や熱に全く影響を受けない「短鎖脂肪酸」を主成分とした「乳酸菌発酵エキス」

この体内の乳酸菌が作り出す「乳酸菌発酵エキス」、欧米では盛んに研究が行われていて、日本では実に100年以上も前から研究されていています。

 

日本ではじめてヨーグルトを製造販売した医師と細菌学者の息子によって、腸まで届きにくい「乳酸菌」そのものではなく、腸の中で乳酸菌が作り出す代謝物質の「乳酸菌発酵エキス」が「善玉菌」をサポートして健康に導いてくれることが発見されました。

 

その後、研究が続けられた培養技術を引き継いだ企業によって、豆乳の培地で発酵させた乳酸菌やビフィズス菌から、製法特許取得の技術によって「乳酸菌発酵エキス」が抽出されています。

 

「乳酸菌発酵エキス」を無添加ゼリーにしたサプリ

善玉元気35種類の乳酸菌やビフィズス菌からなる「エリート善玉菌」を共棲培養し、乳酸菌発酵したものから、製法特許取得の技術によって抽出した「乳酸菌発酵エキス

そこにエイジングケア5大成分の
・高級ポリフェノールトランスレスベラトロール
・野生ビルベリー由来の「アントシアニン
・オリゴ糖たっぷりの「天然ハチミツ
・「水溶性食物繊維
・「クエン酸」を加え
ブルーベリー風味ゼリータイプにしたオススメのサプリが、【善玉元気】です。

こだわりの「ブルーベリー風味」は、味覚のプロ、元サントリーワインスクール特別講師のシニアソムリエによって監修された味で、酸味と優しい甘みが特徴

食べやすい無添加のゼリータイプに仕上げることで、毎日つづけやすい工夫がされています

 

「善玉元気」を確認する

 

 

まとめ

40代、50代以降のあなたが、これから特に気をつけたい「口臭」ですが、

あなたがもしも、お口のエチケットに日頃から気をくばり、それなりに対策している。

それでも、なぜか臭う自分の口臭に困ってるとしたら

悪玉菌が増殖した腸内で発生したガスが、血液中に吸収された後、肺にまで到達して、口臭として吐き出される腸内口臭」が原因かもしれません。

 

「腸内口臭」を予防するには、生活習慣ストレスなどの変化や加齢によって、どんどん減り続けている私達の腸内「善玉菌」を増やして、腸内環境整え胃腸を健康にする必要があります。

その一つが、どなたでも比較的に手軽にできる「ウォーキング」です。

ウォーキング」は、歩くことで腸と腰の間の筋肉が鍛えられ加齢によって弱まった便を押し出す力を強くしてお通じが良くなる効果があり、便秘やストレス解消にもなり「腸内フローラ」のバランスを整え、腸の免疫力向上にも役立ちます

 

この他にも「腸内フローラ」のバランスを整えるために必要なことは

 ・質の高い睡眠の確保

 ・ストレスをため込まない

 ・肉類などのたんぱく質を控える

・ 植物繊維が多く消化の良い食事

などがあります。

 

その他にも、毎日の食事で摂取することで善玉菌の増殖を手伝い「腸内フローラ」のバランスを整えてくれるのは、ヨーグルトやチーズ、漬け物などの発酵食品に含まれる「乳酸菌」や「ビフィズス菌」です。

しかし、ヨーグルトなどに入った乳酸菌やビフィズス菌は胃酸によって消滅してしまうため、ほとんどが腸にまで届かないことがわかっています。

そこで、胃酸や熱に全く影響を受けない「短鎖脂肪酸」なら、サプリメントから簡単に摂ることができて「生きたまま」ダイレクトに体内に届けることが可能となります

 

あなたのこれからの健康と口臭予防のために、これらのことを毎日の生活に無理のない程度、上手にとり入れてみてはどうでしょうか。

大切なことは、無理なく続けることです。

 

 

スメハラ ミドル脂臭
「スメハラ」?40代の体臭はキツイ「ミドル脂臭」加入で最強のオヤジ臭を奏でる♪

30代後半から40代にもなると、変化した自分の体臭が気になりますよね。 通勤電車やエレベーターで、周りの視線を感じ嫌な緊張感に襲われる場面がありませんか? 年齢を重ねたあなたの身体から発するキツイ「オ ...

 

 

-口臭・体臭

Copyright© Rev four , 2018 All Rights Reserved.